債務整理でかなり余裕ができた

借金をした時点で苦しい状況だったのですが、借金をしたことで更に状況は悪化してしまいました。今から考えれば最初の段階でもっと他の方法がないか考えるべきだったのですが、安易に借金をしたことで泥沼にはまりこんでしまうことになったのです。

 

借金があるにも関わらず収入もダウンしてしまい、生活費でほとんどのお金が消えてしまう状況で借金の返済がほぼ不可能な状態になってしまいました。このままでは雪だるま式に借金が増えてしまいますし、取り立てにも疲れたので債務整理をしてみることにしたのです。

 

債務整理とはいったいどのようなものなのか、全く知識がない状態でしたが親切な弁護士を見つけることができたので、しっかりと理解した上で債務整理を行うことができました。最初から最後までサポートをしてくれたので、これと言った不安はなく逆にこれでようやく借金の悩みから解放されるのかという気持ちになることができました。

 

債務整理の結果としては、金利がカットされることになったため毎月少額の返済でも確実に借金は減っていくことになり、完済のめどが立ったのです。現在も返済の途中ですが金利がなくなっただけでかなり余裕ができ、半分以上返済が終わり後もう少しのところまできています。

 

返済ができずに自己破産しました

元々給料が少ない会社に勤めており、日々の生活費にも困っている時に借金に手を出しました。初めに借りた金額は10万円でしたが、今まで持ったことがない大金を何時でも引き出すことができるので、浪費してしまいすぐに100万円を超えてしまったのです。

 

100万円を超えたあたりで月々の返済が4万円近くになってしまい、返すことが難しくなり、複数の金融業者から借り入れをしてしまったのです。そこからは雪だるま式で借金が増えていって、最終的には300万を超えてしまいまました。

 

もはや月々の利息すら返済できない状況になり、自己破産するしか手段がなくなってしまったのです。自己破産する為には自分だけでは難しいので、弁護士の先生に依頼をすることにしました。弁護士からは自己破産をしたいと伝えると本当に返済ができないのか収支表を持ってくるように言われました。

 

もっと簡単にできると考えていたので、少し怒られてしまいました。そこから何度も弁護士に通って、やはり返済は難しいという判断をして頂いたので、自己破産の申請をすることにしました。裁判所からは早い段階で自己破産を認められたので、良かったです。これからは浪費癖を直していきたいです。

 

自己破産した体験談

40代後半のとき母親の介護のためどうしても仕事を辞めなければならなくなりしばらくは預貯金で生活していたのですが、やがて貯金も底をついたため消費者金融から借り入れることにしました。当時は無職であるにもかかわらず30万円もキャッシングすることができ正直こんなに簡単にお金が手に入るのかと感心したものでした。

 

そうして毎月親戚や友人からも少しずつお金を借りて消費者金融に返済を続けていると、さらにキャッシングを増額してくれたためついつい利用してしまいました。やがて気づいたときには借金が400万円にもなると今度は取り立てが厳しくなり返済のメドも立たず途方に暮れていました。

 

そんなときテレビで自己破産について知りもしかしたらこれで借金の催促から逃れられるのではないかと思うようになりました。結局母親とも相談して自己破産を行うことになり、裁判所に行き自己破産の旨を伝えると膨大な量の書類を渡されました。

 

書類の内容も法律用語も多く一般人には難しいものでしたがどうにか作成し、裁判所の面接にも行きました。とにかく個人で自己破産を行うには膨大な時間と労力がかかりました。どうにか自己破産も認められ借金の催促も止まり安堵しました。

 

その後よくよく調べてみると自己破産専門の弁護士さんや司法書士さんに相談する方法もあるということを知り、もう少し良い方法や手順があったのではないかと思いました。

お気に入りサイト

  • 任意整理するには

    任意整理のメリットとデメリット、費用や手続き方法、借金の悩みを解決した体験談など。

  •  

  • 借金を減額できた体験談

    借金を減らすための具体的な方法、無料診断サービスで悩みを解決できた体験談など。


このページの先頭へ戻る