消費者金融の連帯保証人になるのは避けるべき

友人から消費者金融の連帯保証人になる様に頼まれた際、私は最初は断りました。というのも私自身当時はまだ若くお金の借入に関する知識はありませんでしたが、連帯保証人になるのは色々と拙いという話は聞いていたからです。ですが友人はお金がなくて本当に困っており、私自身もお金を貸せる程の余裕はありませんでした。だからこそ絶対に私には迷惑を掛けないという口約束で、1度だけ保証人になってあげる事にしたのです。

 

所が連帯保証人となって半年も経たない内に、消費者金融から私の方に支払いの催促が来ました。直ぐに友人に電話を掛けたのですが電話も止まっていて、アパートも何時の間にか引き払って所在が掴めない状態となっていたのです。消費者金融側も所在が掴めないから私に連絡して来たという話であり、私が支払うしかないという事を言われました。

 

それと同時に友人は所謂多重債務状態である事を、ようやく知ったのです。そもそも消費者金融からの借入の際に、連帯保証人が必要になった時点で多重債務状態であると気付くべきでした。ですが当時の私は業者から借入した事もなかったので、そういった事情は知りませんでした。

 

結果的に私は家族に相談して、友人が作った30万円程の借金を何と返済する事は出来ました。ですが知識がないばかりにあっさり連帯保証人となり、他人の借金を背負う羽目になった事への後悔は未だに消えていません。


このページの先頭へ戻る